皆生温泉

皆生温泉

「皆生」という地名は、天正年間(1573~1592)にこの地にあった「海池」と呼ばれる大きな池に由来します。その「海池」が「皆生」になったのは慶応3年(1867)のこと。地元で通俗的に呼ばれて当て字がそのまま名称になったという逸話を持ちます。
温泉が発見されたのは明治初めの1900年。その昔、皆生海岸はイワシやアジの好漁場として、とても漁業が盛んであったこともあり、最初に発見したのも、浜辺で漁をしていた地元の漁師で、泡が吹き出ているのを偶然にも見つけたそうです。そこから1世紀以上、海中より湧き出す湯は、今では山陰屈指の名湯として語り継がれています。

所在地
〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉3丁目1−1
おすすめのお店を紹介